PCBフィデューシャルマークとは?

PCBフィデューシャルマークの紹介

フィデューシャルマークは、次のような場面で重要な役割を果たす。 PCBアセンブリ自動機械の基準点として機能し、基板上の部品の正確な配置を保証する。

 これらのマークは、通常、クリアランスエリアで囲まれた円形パッドの形で、コンピュータビジョンシステムによって検出され、正確なアライメントを可能にします。フィデューシャルマークには、主にグローバルとローカルの2種類があり、PCBアセンブリプロセス内のさまざまな要件に合わせて調整されます。

2つのPCBフィデューシャルマークがあるので、次のパートでそれを調べてみよう。

グローバルフィデューシャルマークとローカルフィデューシャルマーク

世界のフィデューシャルマーク精度の向上

PCB製造プロセスの重要な側面には、グローバルフィデューシャルマーク(しばしばパネルフィデューシャルと呼ばれる)の配置が含まれます。これらは通常、PCBのコーナー付近やパネル化レールに沿って配置されます。これらのマーカーをどこに配置するかは、PCBアセンブリにまつわる複雑なダイナミクスを長年にわたって理解してきた戦略によって決定されます。適切に配置されたパネル・フィデューシャルは、PCBとアセンブリに使用される機械との間の人間工学に基づいたスムーズな関係を保証し、それによって効率と精度を最大化します。

これらのマークは恣意的に配置されるのではなく、アセンブリ時に複数のPCBのアライメントを最適化するために重要な役割を果たします。このアライメントは、基板上の部品の正しい接続と配置を確実にする上で極めて重要です。その結果、適切なフィデューシャルマーキングは、アセンブリ全体の精度に大きく貢献し、エラーを減らし、最終製品の性能を向上させます。その結果、さまざまな電子部品がシームレスに統合され、非常に効率的で高性能な電子製品につながります。

ローカル・フィデューシャル・マーク高密度地域での精度

一方、ローカルなフィデューシャルマークは、グローバルなフィデューシャルマークに比べ、著しく小さく、密集したコンポーネントのクラスターや、複雑なルーティングを行う場所にある。 PCBだ。 サイズが小さくなっても機能性が損なわれることはなく、むしろPCB上のスペースが限られている領域にも対応できる重要な特性です。これらのマークの配置は熟考された戦略的なもので、高精度の部品や複雑な配線構造を特徴とする領域の近傍によく見られます。

ローカル・フィデューシャル・マークの主な目的は、基板の人口密度の高い部分や複雑な部分における部品配置のピンポイント精度を確保することです。これは、部品を配置する必要がある正確な位置を機械が認識するための信頼できる基準点として機能することで達成されます。このような精度は、BGAやQFNのような、不正確な配置が製造上の欠陥につながり、最終製品の性能に影響を与える部品にとって特に重要です。そのため、細かいことのように見えるかもしれませんが、ローカルフィデューシャルマークは、PCBアセンブリプロセスの全体的な生産性と効率を高める上で非常に大きな役割を果たしています。

フィデューシャル・マークの目的

フィデューシャルマークは、グローバルとローカルの両方で、PCBの複雑な風景の中で信頼できるランドマークとして立っています。その明確な形状やパターンにより、容易に認識することができ、基板上の他のパターン、穴、またはコンポーネントと区別することができます。これらのフィデューシャルの認識は、PCB製造に使用される自動機械にとって非常に重要であり、PCBの特定領域を識別することができます。地図上の「あなたはここです」マーカーの高度版のように機能するこれらのフィデューシャルマークは、基板上の正確な位置を機械に指示します。

形状やサイズが標準化されているため、システム内での認識が合理化され、識別ミスが少なくなります。異なるPCB設計のフィデューシャルマークの寸法と位置の一貫性は、機械が容易に解釈できる普遍的な言語を構築します。この標準化は、アセンブリプロセス中に一貫したアライメントを確保するのに適しています。各コンポーネントは、設計の複雑さやボード上のコンポーネントの密度に関係なく、指定された場所を正確に見つけます。 

要約すると、フィデューシャルマークは、その標準的な形状、サイズ、配置により、組立工程全体を通して自動機械をナビゲートし、精度を保証し、全体的な効率と成功に大きく貢献するガイド星の役割を果たす。 PCB製造工程.

フィデューシャル・マークの使用に関する主なガイドライン

PCB設計にフィデューシャルマークを組み込む場合、いくつかの重要なガイドラインを遵守する必要があります。これには、正確な位置合わせのために設計全体で一貫した直径を維持すること、包括的なアセンブリのためにPCBの両面にマークを組み込むこと、視認性と検出性を保証するためにソルダーマスクやコーティングからマークを確実に保護することなどが含まれます。

これらのガイドラインを遵守し、フィデューシャルマークの役割を十分に理解することで、PCB設計者はアセンブリプロセスの精度と効率を高めることができ、最終的に高品質の最終製品につながります。

シェアする

その他の投稿

PCBボード

PCBティアドロップを理解する:総合ガイド

PCBティアドロップを理解する:PCBティアドロップとは?PCBティアドロップとは、トラック(またはトレース)とトレースが接する接合部にある、小さな涙のしずく型の肥大のことです。

PCBゴールドフィンガー

PCBゴールドフィンガーとは?

PCBゴールドフィンガーとは?プリント基板(PCB)はほとんどの電子機器の基幹部品であり、部品を一連の電気経路で接続しています。ひとつは

PCBボード

プリント基板はなぜ緑色なのか?

プリント基板はなぜグリーンなのか?プリント基板(PCB)は、現代のエレクトロニクス産業における縁の下の力持ちです。以下のような重要な役割を担っています。

ja日本語